FC2ブログ

操船デビュー

久々に房総へボート釣りに行ってきました。
昨年末に念願の船舶免許を取得したので、レンタルボートを借りて遅ればせながらデビュー戦です。
とはいうものの、小心者の私としてはいきなり単独デビューなんてできないので、師匠に横で教えてもらいながらのデビュー出船となりました。
離着岸がなんといっても難しい!
乗り物を操るセンスや注意力が決定的に欠如しているので、なかなかうまくできません。
まだしばらく師匠の指導が必要かもしれません(^^;)

これまではお客様と一緒に釣りに出ることも多く、その操船は師匠(弊社執行役員兼船長)が担っていたのですが、最近、周辺に釣り人口が増えたため、ボート一艘じゃ足りなくなったため急遽、私も免許取得したというわけです。

今回はアマダイ狙いでした。
デビュー戦当日は天候に恵まれて暖かく、しかもベタ凪だったので操船はとっても楽でした。


釣果の方は大漁とは程遠いものの、とりあえず本命を2尾ゲットすることができて満足でした。


寄港したら黒猫が待ち構えていたので、貢ぎ物を献上したけどご覧のとおり無反応・・・


大きい方のアマダイ1尾、大きい方のイトヨリ1尾と、酒の肴用にクラカケトラギス4尾、タマガンゾウビラメを2尾を持ち帰りました。

メインのお土産、アマダイとイトヨリ。 
写真ではわかりにくいですが、両方とも私にとってはまあまあのサイズです。
333_2017032306304304a.jpg

イトヨリはたっぷりの白菜とネギとともに日本酒を使って蒸し物にして、アマダイは刺身にしました。
222_20170323063041b06.jpg
イトヨリは淡泊だけど白身魚ならではの美味しさがあり、身質はしっとりときめ細かくてふんわりしておりなかなかのものでした。
アマダイの刺身は和食料理人の同級生のアドバイスを元に、軽く振り塩をして寝かせてみたところ上品な甘みにねっとりとした食感が加わり、他の刺身では味わったことのないような美味しさ!

刺身を取った後のアマダイのアラは干物にしました。
これが絶品!! 刺身を食べたときには油っぽい印象はあまりなかったのですが、焼いてみるとかなりの脂ののりを感じました。
それが驚くほど軽くて上品な美味しさを持つ脂で、くどさは一切無く、身そのものの美味しさを充分感じることができます。
この美味しさは、今まで食べた干物の中では間違いなくトップです。 以前もアマダイを釣って食べたことがあるのですが、この個体は特別に良かったように感じます。
444.jpg

クラカケトラギスとタマガンゾウビラメも干物にしました。
111_20170323063040f36.jpg
外道の小物だってありがたく美味しくいただいちゃいます。
そりゃもちろんアマダイとは比べものにはならないですが、これはこれで晩酌の肴には嬉しい一品になります。
こういうのを囓りつつ日本酒をちびちび飲み、ああ、昨日の釣りは楽しかったなぁ・・・等とじんわり余韻に浸るのもこれまた小さな幸せなんですよ!

世間の評価や市場価値は置いておいて、相手の良いところを見つけてあげようという姿勢で接すれば、どんな魚も個性的な良い味を持っていたりするから釣り魚料理は楽しいです。 
人間関係と似てますよね。

自分自身があまり育ちの良くないので、雑魚と呼ばれる魚だって大切に扱ってやりたくなるっていう気持ちもあるのかもしれません。
まあ、、、大切に扱うと言ったって、殺して食べてしまうわけなんですけどね^^;

模様替え

スタンバイの本社は倉庫の中にあります。

元々中古機の販売やメンテナンスを中心に始めたので、現場に密着するため、また、実質本位で無駄なコストをかけないため、倉庫内の床の上に、机をポンと置いただけの極めて簡素な事務所でした。

しかし、ここ最近急に人数が増えてきたため、デスクが入りきらなくなってしまいました。
12月~1月にかけて5名の入社が決まっているのに、どうしよう。もう机を置く場所がありません。

もう事務所を引っ越すしかないのかな・・・とも思ったのですが、引っ越すとなるとそれなりの広さの物件を借りねばならず、毎月の家賃負担が大きくなってしまいます。
余計なコストをかけるという事は、低価格で良質なサービスを提供できなくなってしまうという事だし、”現場主義”を謳うからにはやはり、作業場と直結した事務所が望ましいんですよね。
でもよく考えてみたら、営業マンやサービスマンは日中は外出が多いし、技術者も作業場にいることが多く、始業後の着席率を調べてみるとおよそ40~50%程度でした。
これなら、いける!
というわけで、結果、固定の机を持たないフリーアドレス方式にすることにしました。

ついでに壁紙とカーペットも貼ることにしました。
資材調達は友人の会社にお願いして業者プライスで卸してもらい、施工は休日出勤して自分たちで行ったので、非常にローコストで劇的に模様替えすることができました。

ビフォー
befor.jpg

まずは撤去して・・・
14824418240.jpeg

石膏ボードを打ち直したり・・・
14824433410.jpeg


壁紙を貼ったり・・・
14824418930.jpeg

タイルカーペットを敷いて、什器の配置にあわせて電源を取り回して・・・
14824419340.jpeg

完成!
14824417830.jpeg

楽しさを届けるのがアミューズメントの仕事ということで、ちょっと遊び心も入れてみました。
まだやり残している部分も多々あるのですが、この低予算でここまでのインパクトを出すことができたという意味では成功といってもいいかな、と自画自賛したりしてます(笑)

自分たちで考えて自分たちで施工すると、やっぱり愛着が沸きます。
時には環境をガラッと変えてみることって大切ですね。
いい刺激になります!
年末の最も忙しい時期にわざわざ休日出勤までして実行したのは、結果的に良かったのかなと思ってます。

今年も残すところあともう少し!
頑張って突っ走ります!

初めての山登り

友人にお願いして初めての登山に連れて行ってもらった。
登山!といっても、初心者向けの低山コースで、ちょっとハードなハイキングぐらい。
それでも歩くの走るの嫌いな俺にとっては、かなりハードな運動でした笑

JR相模湖駅からスタート。
DSC_2923

階段を登って、高速道路を跨ぐ大きな歩道橋を渡る。
この時点でかなり足腰がツラい。
まだ山に入ってもないのに(笑)

ここで、ちゃんとした靴の履き方とリュックの背負い方を教えてもらう。
DSC_2926

与瀬神社から入山。
DSC_2928

後から振り返ると、この最初の30分が一番ツラかった。
DSC_2930

途中でエネルギー補給
DSC_2940

第一目標ポイントへ到着。
しばしの休憩。
明王峠 標高738.9m
DSC_2959

そして更にひたすら歩き、目的地に到着。

陣馬山 山頂 標高857m
DSC_2978

なかなかの見晴らし。
DSC_2976
DSC_2977

DSC_2973

そして、ビール!
そりゃもう最高!
DSC_2979

そして持参の即席麺、カレーうどん! 
ソーセージ入りで。
そりゃもう最高!
DSC_2981

その後はひたすら下山。

下山後、日帰り温泉で入浴して、そのまま思う存分に飲み食いして帰ってきました。
たぶんオーバーカロリーw

サバイバルゲーム

先週末、業態研究の一環としてサバイバルゲームを楽しんできました。
AM業界関係者を中心に総勢41名集まって大騒ぎしてきました。
DSC04157.jpg DSC04106.jpg
今回は殆どの方が初心者で、約半数の方はサバゲー初体験でした。
訪問したのは、成田空港にほど近い「鯖武者」さんというフィールドです。
市街地フィールドと森林フィールドが併設されており、とても楽しいフィールドでした。
フィールドのスタッフの方が初心者でも楽しめるゲーム進行をして下さったので、皆さん、思う存分楽しんでいただけたのではないかと思います。
DSC04120.jpg DSC04123.jpg DSC04124.jpg DSC04103.jpg
 
DSC04127.jpg DSC04137.jpg DSC04163.jpg ASC_0654.jpg
これからも年に数回のペースで初心者向けのサバゲー大会を開催していこうと思っています。
一度サバゲーをやってみたいなと思っても、一人で始めるのはちょっとハードルが高い…と感じる方も多いようですが、そんな方はぜひお声を掛けて下さい。
ジャンルはやや違いますが、“遊びを提供する施設”に携わる者として、AM業界の方にはぜひ一度は体験していただきたいです。
大人が本気で楽しめるサバイバルゲーム、オススメですよ!

年末のご挨拶

まもなく今年も終わりますね。
今年も皆様には大変お世話になりました。
弊社は新年4日までお休みとさせていただいておりますが、休業期間中もお困りのことなどございましたら、各担当者の携帯電話まで遠慮なくご連絡下さい。

月日の経つのは早いもので、スタンバイを始めてから4年半が経ちました。
今年もこうして無事に締めくくることかでき、本当に皆様に感謝しております。
来年もまたコツコツと前を向いた歩みを進めていきたいと思います。

私がひとりでスタンバイを立ち上げた当初は大きな志を持っていたわけではありませんでしたが、生き残るための方策を実践していく中でやがてそれは業界内における私の使命であるように感じ、今ではそれなりの志を持って経営に取り組むようになりました。

この一年間で、昨年に比べると格段に幅広い業務をこなすことができるようになりました。
それなりの規模を持つ本社倉庫を構え、技術者・サービスマンを配備し、特にメンテナンス関連については充実してきました。

在庫を持たずに効率よく右から左へ商品を動かして、儲けが薄くて手のかかる部分には極力手を出さない、というのも経営としてはひとつの正しい道かもしれませんが、弊社ではあえてその真逆の道を追求しています。
しっかりと手をかけて、なおかつ低コストでお届けできるよう努力・工夫を怠りません。

仕事に手間をかけると言うことは雇用の創出にも繋がります。
どんどんシュリンクしていく我がAM業界において、新たな仕事を創り出し雇用を確保することは私の一つの使命だと思っています。

皆様、ぜひスタンバイを盛り立てて下さい!
スタンバイは常に理想を追求し、目に見える形でしっかりと業界へ貢献いたします。

それでは皆さんよいお年を。
プロフィール

スタンバイ☆竹内

Author:スタンバイ☆竹内
 
私の平凡な日常を綴ります。 退屈でしょうが、どうぞお付き合い下さい。

釣りばっかりしているようですが、仕事もしてます。

ホームページ
http://www.stand-by.biz

Facebookページ
https://www.facebook.com/standbyam

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
リンク
QRコード
QR