FC2ブログ

三浦半島のボート釣り

1年ぶりに、三浦半島にボート釣りに行ってきました。
本命はタコ! ついでにカサゴやメバルも狙おうという贅沢な釣りです。 贅沢と言ってもお金は大してかかりません。 しかし狙う獲物は、なかなかの高級魚と言えます。

取引先の釣り師匠O氏とその弟子(?)と私との3名での釣行です。
風が少なく、日差しもほどほどで釣り日和です。
CIMG1267.jpg

まずはタコ釣りからスタート!
ワタリガニを餌にして、海底付近を狙います。
釣りあげたときの写真は撮り忘れたのですが、2杯のタコを釣ることができました。

その後、カサゴ・メバル釣りにポイント移動。
ここからは爆釣タイムでした!
CIMG1280.jpg CIMG1277.jpg
このようなカサゴやメバルが、気持ちいいほどのペースで釣れまくります。これだから釣りってやめられません。
ボートに小さないけすがついて釣れた魚をそこにキープいくのですが、陸に戻っていけすをあけてみるとこの通り!
CIMG1282.jpg

さて、「釣った魚は美味しく食べる」のコーナーです。

CIMG1301.jpg

獲れたての地ダコで作った、土鍋炊きのタコ飯
中が半生でミディアム状態の、ぷりっぷり茹でダコ 味が濃い
カサゴの刺身、カサゴの皮の湯引き、カサゴのあら汁…と、カサゴのフルコース


更に翌日は、
CIMG1307.jpg CIMG1304.jpg CIMG1317.jpg 

お酒もご飯もすすみすぎてどうしよう! メバルとカサゴの煮付け 
カサゴから出たエキスがたっぷりのふるふるな煮凝り
最後の〆は文句なし! カサゴのヅケ茶漬け

タコもカサゴも捨てるところがないくらい、しゃぶりつくすようにいただきました。

命を奪った獲物に対しては、慈しみと感謝の念を忘れないようにしています。 
他の命をいただいて生きているという残酷さと、その有難みをしっかりと感じながら生きていたいと思っています。

テナガエビ釣り

すっぽりと予定が抜けてしまった休日。
何をしようかなぁ…と考えるまでもなく、釣りに行くことにしました。

近場で、お金がかからず、のんびりできる釣りがいいな・・・寝起きでボーッとした頭で考えた結果、最も近くて、最もお金がかからないテナガエビに決定! ふふふふ。

道具や餌はすでに揃っているので、ふらりと近所の川へ行ってきました。

スタンバイ事務所の近くの江戸川土手は、この季節になるとテナガエビ釣りの客で満載です。
ファミリー、カップル、本格的な釣り人、地元系常連のお爺さんなどで賑わいます。
ウナギ釣りと同じ場所です。

テナガエビという名前くらい聞いたことがあると思いますが、オスは文字通り手が長く、淡水(汽水域含む)の川や池などに住んでいます。居酒屋で「川エビ」を頼むと小型のテナガエビが出てくることも多いのでいつの間にか食べているかもしれませんね。よくイタリア料理ででてくるテナガエビ(スカンピ)とは全くの別種で、あちらは外国の海で獲れる輸入エビです。

普段、釣りに馴染みのない方には「エビを釣る」といってもピンと来ないかもしれませんが、釣り方はいたって簡単! それでいて奥が深い楽しい釣りです。 

道具も難しいものは必要ありません。2,000円もあれば、竿・仕掛け・エサまで全て揃います。 
釣り具の量販店に行くと、1,000円の「竿付きテナガエビ釣りセット」なんてのも売ってる場合もあります。エサは、200円分で1日中遊べます。

仕掛の作り方や、釣り方は至って簡単で、市販の仕掛けに適当に餌をつけて放り込んでおけば誰でも釣ることができます。 しかしながら釣果を伸ばすためには、ちょっとした仕掛つくりのコツや、釣り方の駆け引きがあり、そこが奥の深さというかエビ釣りの面白さでもあります。また、エビは思った以上にいい引きをするので、小物ながらに「釣った感」を堪能できます。 

前置きが長くなりましたが、てなわけで、釣り開始
92194f26.jpg
このような沈み石の隙間を狙うと、高い確率で食ってきます。

ウキがぴくぴく反応したら、20~30秒待ってからゆっくりと竿を上げれば、このとおり!
水中でビビビビビッと元気よく跳ねて逃げ回り、心地よいヒキがたまりません。
タイミングが合えば、いいペースで次々と釣れてきます。
PH_346.jpg PH_347.jpg a899e2ae.jpg

そんなこんなで、この日の釣果です^^
a51d2d66.jpg
これがまた美味しいんですよ! 素揚げで塩を振ってってのが定番ですが、色々な調理法で美味しく食べられます。 私は天ぷらが一番好きです

東京の川で釣ったエビはちょっと…と気になる場合は、綺麗な水道水で2~3日(エアポンプ使用、毎日水替え)活かしておくと排泄物や体の汚れが抜けてずいぶんきれいになるので、それを酒で〆て塩洗いしてから料理すると味的にも気分的にも大変美味しく召し上がれます 

というわけで、テナガエビの天ぷら、空豆と小柱と小エビのかき揚でーす!
よく冷えたビールと一緒に食べると、もう最高。 初夏を感じますね~。 幸せの極みです。
CIMG1253.jpg
 
まだシーズン初期なので写真の通り小型ですが、これから夏に向けてどんどん大きく育ってきます 
20cm以上の大物はかなりの手応え、食べごたえです。

このテナガエビ釣りは、のんびりとして地味ですが、何ともいえない趣があって大好きです
江戸川のような都市部の河川で獲れたもの食べるということについては賛否両論あると思いますが、食べる食べないの話は置いといても、釣って楽しいテナガエビ釣り、これはオススメですよ
プロフィール

スタンバイ☆竹内

Author:スタンバイ☆竹内
 
私の平凡な日常を綴ります。 退屈でしょうが、どうぞお付き合い下さい。

釣りばっかりしているようですが、仕事もしてます。

ホームページ
http://www.stand-by.biz

Facebookページ
https://www.facebook.com/standbyam

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
リンク
QRコード
QR