FC2ブログ

カレーライフ 小川町/トプカ

さて、大好評(ウソ)のカレーシリーズ、第2弾です。
前回のカレー記事に全くリアクションがないにもかかわらず、書いてみます。

今日は、小川町(淡路町)にあるトプカです。
トプカとは、“トップ・オブ・カリー”の略だそうです。
ここのカレーは、大きく分けて「インド風カリー」と「欧風カリー」の2種類があります。
私のお勧めは、圧倒的にインド風カリーなのですが、うかつにインド風(特にムルギーとポーク)を頼んではイケマセン!  あまり辛さに強くない人が知らずに注文したら、「ふざけんなっ! こんなの食いもんじゃねぇ!」と皿をひっくり返したくなるかもしれません(笑)

もちろんただ辛いだけじゃなく、とっても美味しいんですが、問題は、店頭のメニュー等に警告表示がないんですよ(WEBにはあり) 辛いものが好きな人なら喜んで食べれちゃうんですが、“警告なし”でこの辛さは反則です。
私はそんな反則に、ガツンとハートを持ってかれてしまいました。

私のお気に入りはインド風ポークカリー(写真左)とマトンカリー(写真右)です。
topca.jpg topca2.jpg

インド風ポークカリーは、サラサラとしてホットな汁状です。
前述したとおりかなりの辛さですが、一般的なカレーショップのように「普通のカレーに辛みスパイスを足して辛口にする」のではなく、最初からその味としてこだわって作られているので“完成度の高い美味しさ”といえるでしょう。
なんだか辛さばっかり強調してしまってますが、本当の特徴は辛さではなくスパイスの効いた重層的な美味しさにあります。 香り良くスッキリ切れ味のいい最高のカレーです。
そして、トロリと甘い豚肉の脂身がこのルーに絶妙に合っているのです。
同じ系統のカレーでムルギー(チキン)もありますが、ワタシ的にはポークの方が好みです。

マトンカリーは、ドシッと重くてスパイシーなカレーです。
マトンは独特のクセがあるので敬遠する人も多いかと思いますが、多重のスパイスでむしろ魅力ある味わいへと昇華させています。ライスの上には、トマトと生タマネギのスライスが乗っていて、このヘビーなカレーの合間に齧るといいアクセントになります。 このカレーは、よくかみしめて食べることをお勧めします。
一口に入れただけではボッタリと濃い印象ですが、かみしめているとやがて濃厚なスパイスの香りととマトンの味が口中にぐわっと広がってきます。

カレーを頼むと小さなスープが先に出てくるのですが、このスープがまたスパイシーです。
私は辛いカレーが好きですが、決して辛さに強いというわけではないので、汗かきながら、時には涙を流しながら食べてます どうしてそこまでして食うのか、と問われれば・・・「そこに美味いカレーがあるから」としかいいようがありません(笑)

サラリーマン時代、地下鉄・都営新宿線を頻繁に利用していたのですが、昼食時にわざわざ小川町駅で途中下車しては、ここのカレーを食べていました。
ここ、夜はなぜか居酒屋営業になります。普通の居酒屋にようなメニューですが、もちろんいつものカレーや、小さなおつまみカレーを頼むこともできます。 小さなカレーをいくつも頼んで酒を飲むのもなかなか面白いですよ。

トプカ http://www.topca.co.jp/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スタンバイ☆竹内

Author:スタンバイ☆竹内
 
私の平凡な日常を綴ります。 退屈でしょうが、どうぞお付き合い下さい。

釣りばっかりしているようですが、仕事もしてます。

ホームページ
http://www.stand-by.biz

Facebookページ
https://www.facebook.com/standbyam

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター
リンク
QRコード
QR